爪の美容液は少しずつ塗布:つけすぎるとベタベタに

「爪の美容液(エッセンシャルセラム)」をつけると、ベタベタするのだけど、こういうものなの?と質問されることがあります。

 

いいえ、ベタベタするものではありません。もしかすると、一回に塗布する量が多すぎるのかも…

 

08231400_57bbd8522b21b

爪の美容液(エッセンシャルネイルセラム)/爪のトラブルの元凶 乾燥を防ぎ、しっとりと弾力のある爪を目指します

 

爪は、一度にうるおい(油分・水分)を吸い込める量が決まっています。そして、どれくらい吸い込むかは、それぞれの乾燥具合や爪質によって変わってきます。

 

だから、一回に塗布する量が多すぎると、まるで水を吸い込みきれないスポンジのように、せっかく塗布した美容液が垂れ流しになってしまいます。

これではせっかくの美容液が、無駄になってしまいますし、指先がべたべたしてしまい、何をさわっても、さわったものが汚れてしまいます。

 

そこで…

爪の美容液(エッセンシャルネイルセラム)の正しい使い方

 

  1. 蓋の上のボタンを押すと、付属のスポイトに美容液が入ります。
  2. ごく少量を爪の中央にのせます。(このときに、蓋上のボタンを押さずに、トントンとゆり動かして、爪の上に塗布するとよい)
  3. 塗布した美容液を爪全体になじませ、指先にも、爪の両脇にもなじませます。

 

適量を塗布すると、

さわってもベタベタしない、美容液(オイル)が爪の上に浸透せずに残っていないのに、爪の透明感が少し増し、ツヤがでて、少し弾力がでます。

 

これが、理想の状態、つまり、しっかりとうるおっている状態です。

ベタベタするのは、つける量が多すぎます。1回につける量を減らしてみてください。

 

ネイルケアは、魔法ではありません。一度の塗布で、さっきまでの悩みが嘘のように消えていくなんてことは…  残念ながら… ないんです。

ごく少量を、爪が吸い込むだけ塗布するという地道なお手入れを続けましょう。

 

もし、できるだけ早くうるおいのある爪になりたければ、塗布する回数を増やしてみて。

少量を、1日に何度か塗布します。夏だと1日に1回、冬だと2〜3回塗布するのが理想です。爪に季節を感じるわぁ、なんてこともあるかも。

 

大人の爪が美しいのは、ネイルケアが習慣になっているから。

いつも爪が手入れされていること、習慣が生みだす、積み重ねの美しさです。

 

そして、爪の保湿を続けていると、今までより、爪が美容液を吸い込みにくくなったと感じることがあります。これは爪の水分保持力が高まったということで、とてもいいサインです。

 

こうやって自分の爪を手入れすることで、ゆっくりと、少しずつ、自分の爪の個性を理解しながら、育てていくのも楽しいものです。

 

爪の美容液(保湿オイル)KOHエッセンシャルネイルセラム

 

肌をケアするように、爪を「スキンケア」するをコンセプトに、爪を、肌の一部としてとらえ、スキンケア理論(クレンジング・保湿・スペシャルケア)を応用したセルフネイルケアを紹介する KOH・コウの公式ホームページは、こちら http://kohcosmetics.jp/