#144 誰もがうっとり。定番のピンクベージュ

日本人の肌によくなじみ、日本女性が持つ上品で控えめな、でも芯が強い印象を最大限に引き立てる色、それはピンクベージュのネイルカラーです。

今日は、ネイルカラーの不動のナンバーワンというにふさわしい色をご紹介します。

KOHカラーズ #144です。

色の名前は「秘かなるブラウン」。

 

08241316_57bd1fb435a43

 

名前の通り、一見すると、ブラウンを感じるベージュですが、爪につけてみると、不思議とピンクをつよく感じます。つける人によって、ピンク系の褐色に感じることもあれば、ほどよく黄色味を帯びたピンクベージュに見えることもあります。

 

KOHカラーズは、色を調合するときに、複数の色素を細かい配合で混ぜ合わせています。

こういったネイルカラーの魅力は、つける人の肌色、醸し出す雰囲気、または着こなしによって、色の持つ奥ゆかしさが引き出されることです。大人になると、その人が持つ魅力が開花し、誰一人として同じ魅力をもつ女性はいないですよね。独自の魅力を、引き立てる色が、その人に似合う色と言えるでしょう。

 

今回のカラーは、やわらかくも、強くも、上品にも、優雅にも変身することができます。

 

たとえば、着物にネイルカラーを合わせていいものかどうか、悩むところですが、このカラーを着物に合わせれば、不思議と着物のきこなしの玄人さがぐんとアップします。歌舞伎などの鑑賞に、女性だけでわいわいと出かける時など、少しの大人の遊びが許される場面で頼りになるカラーです。

定番を超えたくないけれど、少しだけ余裕を感じさせたいときってありますよね。

 

後輩も注目する社内の大事なプレゼン。着慣れたスーツに、ちょっとだけ先輩の余裕と気品をただよわせたい時にも便利なカラーです。みんなが注目する指先に大人のピンクベージュが塗ってあると、やわらかさの中に説得力のある強さを感じさせ、また、デコレーションしたネイルにはない、一色塗りの美しさやきちんと感や丁寧さを感じさせることもできます。

デコレーションネイルにはない、ネイルカラーの一色塗りの美しさに気づく場面でもあります。

 

KOH COLOURS  #144 秘かなるブラウン

 

肌をケアするように、爪を「スキンケア」するをコンセプトに、爪を、肌の一部としてとらえ、スキンケア理論(クレンジング・保湿・スペシャルケア)を応用したセルフネイルケアを紹介する KOH・コウの公式ホームページは、こちら http://kohcosmetics.jp/